ロッテ・永野 広場恐怖症を公表 飛行機や新幹線など長時間の移動で不安に「しっかり治療していきたい」

[ 2019年3月12日 16:10 ]

<ロ・ヤ>力投するロッテ・永野 (撮影・白鳥 佳樹)
Photo By スポニチ

 ロッテの2年目左腕、永野将司投手(25)が12日、不安障害のひとつである広場恐怖症であることを公表した。ZOZOマリンのオープン戦・ヤクルト戦後に自ら報道陣の前で「吉井投手コーチや川越投手コーチのご理解もいただいている。しっかり治療していきたい」と明かした。

 飛行機や新幹線など長時間の移動の際に不安に襲われ、動悸(どうき)などを引き起こす症状で、大学(九州国際大)時代から長距離の移動の際には新幹線でも各駅停車を利用するなどしてきたという。社会人のHonda時代に広場恐怖症であることを診断された。ロッテ入団の際は球団と話し合い、現状で無理のない方法で移動するなどしてきた。今年2月の沖縄・石垣島キャンプは空港まで行ったが、参加は断念していた。

 この日のヤクルト戦では4番手で1イニングを投げ、1安打1三振無失点。永野は「真っ直ぐで押せた。スピンの効いた球を投げられた」と手応えを口にした。今季は1軍の戦力として期待されており、治療を続けながら仙台や大阪など可能な限りで遠征にも参加する方向だ。

続きを表示

この記事のフォト

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年3月12日のニュース