大谷 今季の年俸7200万円 新人王獲得も最低保証額から微増

[ 2019年3月12日 16:23 ]

エンゼルスの大谷翔平 (AP)
Photo By AP

 エンゼルスは11日、大谷翔平(24)を含む22選手と今季のメジャー契約を結んだと発表した。AP通信によると、大谷の年俸は65万ドル(約7200万円)で、メジャー最低保障額の54万5000ドルだった昨季から10万5000ドル上がった。

 投打の二刀流で注目を集めた大谷は一昨年の12月に日本のプロ野球、日本ハムからエンゼルスに入団。メジャーでも二刀流に挑み、1年目の昨季は投手として4勝、打者としては22本塁打と活躍し、ア・リーグの最優秀新人(新人王)を獲得した。ただ、大谷にはまだ年俸調停の権利がないため、年俸の大幅アップとはいかず、微増にとどまった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年3月12日のニュース