阪神ドラ2小幡 目指す大分の星 内川、今宮、源田…一流選手への道描く

[ 2019年1月6日 05:30 ]

後輩の大分明野ボーイズの子供たちの前でバットを振る小幡(撮影・中村 達也)
Photo By スポニチ

 阪神のドラフト2位・小幡竜平内野手(18=延岡学園)が5日、中学時代に所属した大分明野ボーイズが練習を行う「乙津川河川敷グラウンド」で自主トレを公開。慣れ親しんだ地元で約3時間汗を流した。

 「大分出身の方が多く活躍されているので、自分も早く、その中に入りたいという思いが強いです」

 同郷の一流選手と肩を並べる未来を思い描いた。同じボーイズ出身の西武・源田や、通算2000安打を達成したソフトバンク・内川、名手の同・今宮だけではない。元広島の野村謙二郎氏(スポニチ本紙評論家)、古くは稲尾和久(西鉄)もいる。その系譜に乗るためにも「結果を出さないといけない職業ですから」と身を引き締めた。

 昨年12月の体力測定で行われた30メートル走では、3秒98を記録した俊足の持ち主だ。いまや球界を代表する強肩捕手のソフトバンク・甲斐も同県出身。話題が及ぶと「(強肩で)注目されている選手から(盗塁を)決めると違う」と早くも“甲斐キャノン”をかいくぐる姿もイメージした。

 年末年始は家族と温泉に出掛けるなど大分を満喫したが、現在は基礎体力向上に励んでいる。「初めてのプロ生活なので、吸収して自分の引き出しを増やしていきたい」。自宅近くの坂道を使ったランニングを繰り返すなど準備に余念はない。

 「(他球団の)同級生でセンターラインの選手が多いので、そういった人たちより先に(試合に)出たいし、最終的には絶対勝ちたい」

 中日。根尾、広島・小園ら同世代のライバルへ闘志を燃やすことも忘れなかった。遊撃手としては大柄な1メートル83の長身も武器。世代を代表する選手となって、名だたる先人に追いつき追い越したい。(巻木 周平)

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年1月6日のニュース