日本ハム清宮、30発「目指すところ」栗山監督からは“一塁奪取指令”

[ 2019年1月6日 05:30 ]

今年の漢字1文字に「福」を選んだ清宮(撮影・沢田 明徳)
Photo By スポニチ

 2年目を迎えた日本ハム・清宮が、千葉・鎌ケ谷の2軍施設で自主トレを公開。高卒1年目の昨季7本塁打を放った左のスラッガーは、栗山監督がノルマに課した30本塁打を「それは目指すところ」と意欲を示した。

 都内で行われた日本ハムグループの年頭式典に出席した指揮官は「今年優勝するためには若い選手が出てこなくてはいけない。その筆頭が清宮幸太郎」とキーマンに指名。その上で「場所(定位置)を与えるつもりはない。一塁を(中田)翔と勝負してオープン戦で10試合連続本塁打なら使わざるを得ない」と実力で奪い取ることを命じた。今年の漢字に「福」を選んだ清宮は「自分のやることをやるだけ。去年は(限局性腹膜炎などで)“災”だったので、“災い転じて福となす”で福の多い一年にしたい」と表情を引き締めた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年1月6日のニュース