日本ハム5位・柿木「よく二度寝するので」プロの自覚で目覚まし持参

[ 2019年1月6日 15:49 ]

<日本ハム新人入寮>鎌ヶ谷の勇翔寮に到着する柿木(撮影・沢田 明徳)
Photo By スポニチ

 昨年、大阪桐蔭のエースとして史上2度目の春夏連覇に貢献した日本ハムのドラフト5位・柿木蓮投手(18)が6日、千葉・鎌ケ谷の「勇翔寮」に入寮した。高校時代に何度か寝坊した経験があり、大音量目覚まし時計を持参。甲子園期間中などは女房役だった捕手・小泉に部屋のカギを預けて起こしてもらったこともあったそうで「よく二度寝をしてしまうので、気をつけたい」と表情を引き締めた。

 9日からは新人合同自主トレが始まる。「1軍で早く投げることが目標。いいところを出して、信頼される投手になりたい」と意気込みを示した。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年1月6日のニュース