ロッテ安田、兄・亮太と兄弟トレ 社会人日本一捕手から学ぶ

[ 2019年1月6日 05:30 ]

色紙に今年の一文字を「昇」と記したロッテ・安田尚憲  (撮影・後藤 大輝)
Photo By スポニチ

 2年目を迎えたロッテ・安田は大阪府茨木市の母校・履正社グラウンドで自主トレを公開し、1月は兄・亮太(31)が所属する昨秋の日本選手権王者・三菱重工名古屋で「兄弟トレ」を行うことを明かした。

 「兄は捕手で配球や構え方なども勉強になります」。元日は午前7時から2人で実家のある吹田市内のジムで始動。「兄弟だから言いにくいことも言ってくれる」。一番の理解者だからこそパートナーに指名した。「100試合、2桁本塁打」を掲げる今季の一字は「昇」。「全てにおいてステップアップし、のし上がりたい」と飛躍の一年にする。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年1月6日のニュース