学童野球でも球数制限導入 1日70球

[ 2019年1月6日 05:30 ]

 全日本軟式野球連盟の宗像豊巳専務理事は5日、前橋市で講演し、小学生が軟式球でプレーする学童野球で投手の投球数を1日70球とする球数制限を今年から導入する意向を明らかにした。

 ダブルヘッダーで1日2試合に登板することは制限されないが、球数は計70球以内。(1)練習も含め全力投球は1日70球、1週間で300球以内(2)1日の練習は3時間以内(3)1年間での試合数は100試合以内――などとするガイドラインも作成する。2月の全国評議員会で正式決定される見通し。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年1月6日のニュース