ロッテ・藤原 母校での自主トレ打ち上げ“衝撃の一発”に「いい思い出…」

[ 2019年1月6日 13:46 ]

 ロッテのドラフト1位・藤原恭大外野手(18)は6日、大阪府大東市の大阪桐蔭野球部グラウンドでの自主トレを打ち上げた。

 「ここでの冬練習は人生で一番、しんどかった。さみしさもありますし、フリー打撃では1球1球、かみしめながら打ちました」

 好きな色という「赤バット」で力を込めた打球は右翼の10メートルの防御ネットを越える推定120メートル弾。父母会長の宮本康治さん(50)の自家用車の屋根に当たる衝撃の一発だった。

 「申し訳ない気持ちでいっぱいですが、いい思い出と言えばいい思い出になりました」と苦笑いの藤原。練習後には直撃したボールにサインを入れ、お詫びにプレゼントした。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年1月6日のニュース