西武・高橋光 来季から“西口背番”「13」に!渡辺SD「うちにとっては重い番号」

[ 2018年11月21日 12:18 ]

契約更改に臨んだ西武の高橋光成
Photo By スポニチ

 西武・高橋光成投手(21)が21日、埼玉・所沢市内のメットライフドームで契約更改に臨み300万円減の1850万円でサインした。さらに来季から西口投手コーチが現役時代につけていた背番号13をつけることが決まった。

 4年目だった今季はローテーション入りを期待されたが、右肩を痛めるなど故障にも悩まされた。プロ最少の3試合の登板で2勝1敗、防御率4・50。「2年連続でケガもあった。来年はケガをしないでローテーションを守るようにと言われた」。また、通算182勝を挙げた西口コーチが15年まで着けていた背番号を受け継ぐことには「ライオンズのエース番号。重いもの。恥をかかないようにしたい。(西口コーチには)報告させていただきました」と緊張した面持ちで抱負を口にした。

 ▼西武・渡辺久信SDの話 本人からは言えないだろうけど“13番がほしい”というのはうすうす耳に入っていた。うちにとっては重い番号ですし、まず西口コーチに話をして“ぜひ、光成につけてもらいたい”という話だったので。びっくりしたとは思う。プロ野球選手としてはまだ未熟なところがあるので、これで気が引き締まって、変わってくれるんじゃないかと思います。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2018年11月21日のニュース