楽天、ツインズの150キロ右腕ブセニッツ獲得 石井GM外国人補強第1弾 抑え候補で期待

[ 2018年11月21日 13:19 ]

アラン・ブセニッツ投手 (AP)
Photo By スポニチ

 ツインズの公式サイトは20日(日本時間21日)、アラン・ブセニッツ投手(28)が、楽天への入団が合意に達したと発表した。米移籍サイト「トレード・ルーマーズ」も「ブセニッツの契約保有権を楽天に売却」という見出しで紹介している。

 1メートル85、81キロの右腕ブセニッツは、150キロ台中盤の速球が武器。2013年のドラフトでエンゼルスから25巡目(全体757位)で指名。16年にツインズへ移籍し、翌17年にメジャーデビューを果たした。

 ツ軍では中継ぎを任され、今季は23試合で4勝1敗、防御率7.82だったが、昨季は28試合に登板し1勝1敗、防御率1.99と安定した成績を残した。メジャー2年間の通算成績は51試合に登板して5勝2敗、防御率4・58。

 来季の楽天は抑えの松井の起用法が流動的で、ブセニッツは抑え候補としても期待を受ける。

 石井一久GM就任後、外国人選手の補強第1弾となった。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年11月21日のニュース