カブス投手コーチ 個人的な事情で突然の退任 後任は未定

[ 2018年11月21日 15:38 ]

カブスのジム・ヒッキー投手コーチ (AP)
Photo By AP

 ダルビッシュが所属するカブスは20日、ジム・ヒッキー投手コーチ(57)が個人的な事情により、退任したと発表した。後任の投手コーチは決まっていないという。

 ヒッキー投手コーチは2007年から17年までレイズでデービッド・プライスやクリス・アーチャーを指導。今季はカブスに招へいされ、レイズ時代にコンビを組んでいたマドン監督を再び支えたが、1年でチームを去ることになった。カブスの今季チーム防御率3・65はリーグ2位。退任の理由については、個人的な事情とだけで、詳細は伝えられていない。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年11月21日のニュース