ヤクルトドラ2中山ら 金銭管理学ぶ「使いすぎるとダメになる」

[ 2018年11月21日 05:30 ]

 東京六大学野球連盟は20日、都内で同リーグから今秋ドラフトで指名された選手を対象に、税金申告や法律の研修会を開催した。ロッテドラフト3位の早大・小島、ヤクルト2位の法大・中山、楽天6位の明大・渡辺が出席。

 公認会計士や弁護士による約2時間の講習では賭博、薬物問題も取り上げられ社会人としての在り方を学んだ。中山は「お金の管理、人との付き合い方を教わりました。(契約金で)いっぱいお金があるからといって使いすぎるとダメになる」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年11月21日のニュース