ヤクルトの星は300万円減 昨秋に右肘疲労骨折の手術「後半投げたことは評価してもらった」

[ 2018年11月21日 16:47 ]

300万円減の1900万円でサインしたヤクルトの星(撮影・細川 真里)
Photo By スポニチ

 ヤクルトの2年目・星が21日、都内で契約交渉に臨み、300万円減の来季年俸1900万円で更改した。

 昨秋に右肘疲労骨折の手術を受け、今季は18試合に登板して2勝0敗、防御率4・02。「前半は戦力になれていなかった。後半投げたことは評価してもらった。来年は開幕から1年投げていけたらいい。先発にこだわっていきたい」と来季は1年間、先発ローテーションを守ることを目標に掲げた。

 オフは台湾のウィンター・リーグに参加する予定で「自分の引き出しを多く持って、対バッターに対してどう勝負できるか試したい」と意欲的だった。(金額は推定)

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2018年11月21日のニュース