DeNA・中川大 340万円増で更改 オフは“振る”宣言!

[ 2018年11月21日 10:43 ]

DeNAの中川大志内野手
Photo By スポニチ

 DeNAの中川大志内野手(28)が21日、横浜市の球団事務所で契約更改交渉に臨み、340万円アップの来季年俸1300万円(推定)で更改した。

 楽天を昨季限りで戦力外となり、今季からDeNAでプレー。47試合で13安打、打率228、2本塁打、7打点の成績を残した。主に右の代打として長打力を発揮した。

 「このオフは例年より振り込むつもりですし、課題でもある左投手を数多く打っていきたい」と中川大。右の代打ながら、今季は対左腕の打率・289に対し、右投手には同・105と振るわなかった。

 同じ右打ちの前巨人・中井大介内野手の入団が、前日に発表された。タイプが重なる部分もあり、「素晴らしい選手だというのは分かっている。ライバルの一人には変わりない。自分のポジションは自分で勝ち取るもの」と良い刺激を受けた様子だった。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年11月21日のニュース