【南大阪】花園 投打かみ合い開幕戦快勝

[ 2018年7月7日 18:08 ]

第100回全国高校野球選手権記念南大阪大会1回戦   花園4―0山本 ( 2018年7月7日    京セラドーム大阪 )

<花園・山本>先発した花園・足立は5回を無失点に抑える (撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 花園は投打がかみ合い、2年連続で初戦突破を果たした。初回に佐藤の適時打で先制すると、5、6、8回にも1点ずつ追加。投げては足立、山崎、沖永の3投手で無失点に抑えた。

 先発で5回無失点の足立は「立ち上がりはすごく緊張したが、初回に1点取ってもらって気持ちが楽になった。バックの守備にも助けられました」と周囲に感謝。榛田雅人監督は「継投はいつも通り。打つ方の調子が悪い中、投手陣がよく踏ん張ってくれた」と称えた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年7月7日のニュース