ハム宮西、G山口鉄抜いた274H「目標であり、通過点」

[ 2018年7月7日 05:30 ]

パ・リーグ   日本ハム1―1ロッテ ( 2018年7月6日    ZOZOマリン )

通算274ホールドを達成した宮西(撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 3者凡退に抑えた日本ハム・宮西が左拳を握った。1―1の延長10回に登板。時折強い雨が降る悪コンディションでも、左打者が3人並ぶ打順でわずか10球で役目を終えた。今季17ホールド目は並んでいた巨人・山口鉄を抜き、プロ野球新記録の通算274ホールド。「山口さんの記録を目標にしてここまできた。その数字を超せたことは凄くうれしい。目標であり、通過点」と話し、300ホールドの偉業を見据えた。

 これだけの数字を積み重ねても、記憶に残っているのは「打たれた試合。失敗した場面」という。悔しさを糧に成長する33歳。今季初の引き分けで、首位・西武を2ゲーム差で追う栗山監督は「優勝するためにまだまだ無理をしてもらわないといけないと話をした」と鉄腕ぶりに期待を寄せ、宮西も「シーズン中は常に明日抑えること。優勝するために登板が増えるのはうれしいこと」と呼応した。 (町田 利衣)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年7月7日のニュース