西武 山川 防御率12球団トップの岸から驚がくの2打席連発

[ 2018年7月7日 17:19 ]

パ・リーグ   西武―楽天 ( 2018年7月7日    楽天生命 )

4回無死、山川が左越えに2打席連続のホームランを放ちベンチの出迎えにこのポーズ(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 西武の山川穂高(26)が、「4番・一塁」で先発出場。楽天・先発の岸から2打席連続のホームランを放った。

 2回、先頭で迎えた第1打席。カウント3―1からの5球目のストレートを叩き、レフトへの21号ソロを放った。

 続く第2打席は4回で、ここも先頭打者として登場。カウント2―1のスライダーを捉え、左翼席へ飛び込む22号ソロとなった。

 楽天先発の岸は、現在防御率12球団トップの1・80(試合開始時点)。難攻不落の投手だけに、チームにとって大きな2本となった。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年7月7日のニュース