足利大付、新校名で初勝利 打線爆発10得点でコールド発進

[ 2018年7月7日 05:30 ]

第100回全国高校野球選手権記念大会栃木大会   足利大付10―3鹿沼東 ( 2018年7月6日 )

新ユニホームで勝利をつかんだ足利大付ナイン
Photo By スポニチ

 足利大付は今春に「足利工大付」から現校名に変わり、夏初勝利を挙げた。13安打10得点で鹿沼東との雨中の開幕戦を8回コールドで制し、関東で最初の白星。白地からグレーに変わった新ユニホーム最初の試合でもあった。

 OBの荻原敬司監督は「100回大会で、校名が変わって最初の歴史的な夏。一日でも多くこのユニホームで試合をしたい」と意気込んだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年7月7日のニュース