【北大阪大会展望】春夏連覇を狙う大阪桐蔭に隙なし 履正社は投手陣次第

[ 2018年6月23日 05:30 ]

 第100回全国高校野球選手権記念大会(8月5日から17日間、甲子園)の南・北大阪大会などの組み合わせ抽選会が22日に行われた。今春の選抜で史上3校目の連覇を達成した大阪桐蔭は7月16日の2回戦で関西創価―四條畷の勝者と対戦する。23日は全国のトップを切って沖縄大会、南北海道大会の札幌、室蘭、函館支部、北北海道大会の十勝支部が開幕する。

 【北大阪】史上初2度目の春夏連覇を狙う大阪桐蔭が本命だ。根尾、藤原を軸に戦力は群を抜く。対抗一番手は関大北陽。左腕の久保ら複数投手をそろえ、打線も勝負強い。春は4回戦で敗れた履正社は投手陣の踏ん張り次第。大型右腕・羽田野を擁する汎愛、寝屋川、大冠など公立校も侮れない。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年6月23日のニュース