巨人が大勝!岡本&マギー弾、5年目・和田恋がプロ初安打

[ 2018年6月23日 16:22 ]

セ・リーグ   巨人7―1ヤクルト ( 2018年6月23日    東京D )

<巨・ヤ>5回2死二、三塁、左越え3ランを放つマギー(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 巨人は投打が噛み合い、ヤクルトに7―1で大勝した。坂本勇の2本の二塁打や、3番マギーと4番岡本の本塁打などで主力がチームをけん引。山口俊が完投し6勝目を挙げた。

 初回、先頭の坂本勇が左二塁打で出塁すると、マギーが中安打を放ち坂本が生還。先制点を奪った。4回には岡本が13号ソロ、5回にマギーが6号3ランを放ち加点。6回には小林の適時打と山口俊のスクイズでリードを広げた。

 この日はプロ5年目の和田が「6番・左翼」で初の1軍スタメン出場。6回の第3打席にヤクルト2番手・風張からプロ初安打を放った。

 先発の山口俊は安定した投球でヤクルト打線を封じた。失点はバレンティンに許したソロ本塁打のみ。123球6安打2四死球1失点で完投勝利を飾った。

続きを表示

この記事のフォト

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年6月23日のニュース