ヤンキース レイズに敗れ連勝ストップ 打線が5安打1得点と沈黙

[ 2018年6月23日 11:35 ]

ア・リーグ   ヤンキース1―2レイズ ( 2018年6月22日    セントピーターズバーグ )

<レイズ・ヤンキース>3回の打席で三振を喫したジャッジ (AP)
Photo By AP

 ヤンキースは22日(日本時間23日)のレイズ戦に1―2で敗れ、連勝が4でストップした。

 ヤンキースはこの試合で自慢の打線が5安打1得点と沈黙。2番・ジャッジは7回に適時打を放ったが、スタントン、グリゴリアス、サンチェスのクリーンアップは無安打に終わった。先発のサバシアは6回途中、5回1/3を投げて9安打2失点の内容で3敗目。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年6月23日のニュース