中日・モヤ 代打で逆転3点二塁打「アドレナリン出た」

[ 2018年6月23日 17:21 ]

セ・リーグ   中日5―3DeNA ( 2018年6月23日    ナゴヤD )

<中・D>6回裏2死満塁、代打・モヤは逆転適時二塁打を放ち、二塁上で雄叫びを挙げガッツポーズ(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 中日・モヤ外野手(26)は23日のDeNA戦(ナゴヤドーム)の6回に代打で登場。逆転の左中間3点二塁打を放った。

 6回に高橋の中前適時打で1点差とし、さらに2死満塁となった場面で代打で登場。DeNAの2番手・三嶋の初球を捉えた打球は左中間を破り、3者が生還した。殊勲の逆転打にモヤは二塁ベース上でガッツポーズを繰り返した。

 モヤは4月は打率・367と好調だったが、6月に入ると14打数2安打と不振で、17日、22日は代打で出場も凡退したいた。それだけに試合後、ヒーローインタビューで、モヤは「とにかくいい球が来たら打とうと思っていた。いいところで使ってくれた監督に感謝している。すごくアドレナリンが出た」と声を弾ませていた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年6月23日のニュース