【北福岡大会展望】東筑3季連続狙う 九州国際大付、小倉も有力

[ 2018年6月23日 05:30 ]

 第100回全国高校野球選手権記念大会(8月5日から17日間、甲子園)の岩手大会、南北大阪大会、香川大会、南北福岡大会の組み合わせ抽選会が22日、行われた。23日には沖縄大会、南北海道大会の札幌、室蘭、函館支部、北北海道大会の十勝支部が開幕する。

 【北福岡】昨夏から3季連続甲子園を狙う東筑、総合力の高い九州国際大付、春県大会を制すも不祥事で九州大会を辞退した小倉が中心。小倉は147キロ右腕の河浦にかかる。3強を追う東筑紫学園、折尾愛真、真颯館、八幡、飯塚、東海大福岡、自由ケ丘も力はある。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年6月23日のニュース