楽天 平石監督代行が初黒星「こういう接戦をものにできれば…悔しい」

[ 2018年6月23日 05:30 ]

パ・リーグ   楽天7―8日本ハム ( 2018年6月22日    楽天生命パーク )

<楽・日9>延長12回無死、代打の渡辺直が三振、残念そうな平石監督代行(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 延長12回を戦い抜いたが、楽天は平石監督代行体制となってから初黒星を喫した。

 「こういう接戦をものにできれば一番良かったが。悔しいですね」と振り返った。打線は12安打で7得点し、一時は3点のリードを奪ったが、8回に福山が西川に同点3ランを浴び、12回に小野が西川に勝ち越し適時打を許し、力尽きた。就任3連勝を逃した指揮官は「(福山は)本塁打だけは防がないといけなかった」と唇をかんだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年6月23日のニュース