【南大阪大会展望】大体大浪商が優勢 初芝立命館、近大付にも好投手

[ 2018年6月23日 05:30 ]

 第100回全国高校野球選手権記念大会(8月5日から17日間、甲子園)の南・北大阪大会などの組み合わせ抽選会が22日に行われた。今春の選抜で史上3校目の連覇を達成した大阪桐蔭は7月16日の2回戦で関西創価―四條畷の勝者と対戦する。23日は全国のトップを切って沖縄大会、南北海道大会の札幌、室蘭、函館支部、北北海道大会の十勝支部が開幕する。

(/)(南大阪展望/) 春の府大会4強の大体大浪商がやや優勢だ。長身右腕の立石が大黒柱で、守備も堅い。同4強の初芝立命館は下手投げの木元康の出来が鍵を握りそうだ。昨秋4強の近大付は左腕・大石が絶対的な存在となる。公立の実力校・大塚、打線がいい興国、大商大堺、大阪偕星学園などが追う。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年6月23日のニュース