復調の兆し 広島 丸 2試合連続弾「自分の間合いで打てました」

[ 2018年6月23日 05:30 ]

セ・リーグ   広島5―3阪神 ( 2018年6月22日    甲子園 )

4回1死、丸は右越えに先制ソロを放ち笑顔でナインとハイタッチ(撮影・岩崎 哲也)
Photo By スポニチ

 乾いた衝突音を残した打球は右翼席中段まではじけ飛んだ。広島・丸が一振りでこう着状態を打破した。

 「内寄り、少し甘かった。自分の間合いで打てました。手応え十分でした」

 0―0の4回1死、秋山の140キロ直球を完璧なスイングでとらえ、2試合連続となる9号先制ソロ。打線を活気付ける大きな一撃だった。

 不振に苦しんできた男も復調の兆しを見せた。1―0の6回1死一塁、貴重な追加点をチームにもたらしたのは菊池だ。カウント1―2と追い込まれながらもファウルで2球粘り、6球目の直球を仕留めた。左翼線への二塁打で一走・田中が生還。丸が引き寄せた勝利への流れを確固たるものとした。交流戦打率は・167。菊池にとって5月23日巨人戦以来、およそ1カ月ぶりとなる長打となったが「たまたまです。いい流れになれば…」と表情は硬い。継続的な活躍を遂げたとき、本来の底抜けの笑顔が戻るはずだ。

 1番・田中から5番・松山までが、それぞれ1打点。リーグ戦再開初戦で打線は確実に機能した。交流戦は7勝11敗と4年ぶりの負け越しを喫したが、切り替えは済んだ。赤ヘル軍団は打線の破壊力を前面に突き進む。

(桜井 克也)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年6月23日のニュース