PR:

友寄審判長「こま送りのシーンがずれていた」と説明 オリは試合続行を要望

会見で頭を下げる、前日の”誤審問題”をオリックスに説明に訪れたNPBの仲野パ・リーグ統括(右)と友寄審判長(撮影・成瀬 徹)
Photo By スポニチ

 22日のオリックス―ソフトバンク10回戦の試合後に審判団が誤審を認めたことを受け、日本野球機構(NPB)は23日、ほっともっとフィールド神戸で友寄正人審判長と仲野和男パ・リーグ統括らがオリックスの福良淳一監督、長村裕之球団本部長らに謝罪した。NPBは試合は成立しており、記録の訂正は行わないとしているが、オリックス側は誤審があった場面から試合をやり直すように要望を出した。

 友寄審判長は「(試合中と試合後は)同じ映像を見たが、リプレー検証の仕方が間違っていた。こま送りのシーンがずれていた」と打球が見える状態で映像を止められなかったと説明。「このようなことがないよう、来季に向けて改善する。現場が納得できるようなリクエスト制度を目指す」と話した。長村本部長は試合続行について「ルール上はできないだろうが、完全に(判定が)間違いだと認めるなら、特例として検討してほしい。そのくらいの重大さ」と要望した。

 3―3の延長十回2死一塁でファウルと判定されたソフトバンクの中村晃の右翼ポール際への打球に対して工藤監督がリクエストによるリプレー検証を要求。判定が本塁打に覆り、ソフトバンクが2点を勝ち越してそのまま5―3で勝った。試合後に福良監督らも立ち会った上で映像を約20分かけて見直した結果、審判団がファウルだったと認めた。

[ 2018年6月23日 14:49 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:09月22日13時〜14時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      プロ野球

      特集・コラム