巨人 大阪桐蔭・根尾をマーク 岡崎スカウト部長「二刀流 両方見ています」

[ 2018年6月23日 05:30 ]

大阪桐蔭・根尾
Photo By スポニチ

 巨人は都内の球団事務所でスカウト会議を開き、約100選手をリストアップした。上位候補には、強打の内野手ながら投手も務める大阪桐蔭の二刀流・根尾が入った。岡崎郁スカウト部長は野手、投手の両方で評価し「二刀流なんじゃないですか。両方、見ています」と説明した。

 今春センバツでは背番号6ながら、智弁和歌山との決勝で先発し6安打2失点完投。ダメ押し打もマークしており、同部長は「(ドラフト直前まで)両方の可能性を持ったままになるんじゃないですかね」と見通しを口にした。また1位候補は10人前後で、東洋大の上茶谷、梅津、甲斐野ら即戦力投手の名前が挙がった。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年6月23日のニュース