ヤフオクDで被災地へ募金 工藤監督「皆さんの思い伝えたい」

[ 2017年7月12日 05:30 ]

九州北部豪雨災害の被災者への募金を呼びかける(左から)工藤監督、梨田監督、川崎
Photo By スポニチ

 ソフトバンク―楽天戦(ヤフオクドーム)の試合前に九州北部豪雨災害の被災地支援のための募金活動が行われた。ソフトバンクは工藤監督、内川ら選手7人、楽天からも梨田監督、岸ら選手3人が参加。募金人数は602人、合計58万6581円が集まった。

 「皆さんの思いを災害に遭われた方に伝えたい」と工藤監督。大分県出身の内川は「プレーする姿を見てもらって元気になってもらいたい」。募金は12日も行われる。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年7月12日のニュース