坂本1カ月ぶり弾で菅野援護 由伸監督も称賛「さすが」

[ 2017年7月12日 05:35 ]

セ・リーグ   巨人2―0ヤクルト ( 2017年7月11日    東京D )

6回無死 坂本勇は左中間越えソロを放つ
Photo By スポニチ

 9打席目の対戦。巨人・坂本勇は、それまで1本も安打を放っていなかったヤクルトの新人・星の直球を捉えた。2打席凡退して迎えた6回だった。

 「真っすぐに打ち負けないようにと思った」。内角高めの144キロ直球を左中間に運んだ。20試合、約1カ月ぶりの9号ソロだ。菅野を援護する貴重な追加点で、巨人戦3試合目の先発だったルーキー右腕に初めて黒星をつけた。高橋監督も「次の1点が大きいところで最高の結果を出すのはさすが」と称えた。

 これで9年連続の2桁本塁打に王手をかけた。前半戦最後の9連戦は8試合を終えて打率・429。「しんどいけど、いい形で(前半戦を)終われるように頑張ります」と話し、球場を後にした。 (神田 佑)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年7月12日のニュース