マーリンズ売却先は3候補 金額は同程度とMLB首脳

[ 2017年7月12日 10:01 ]

 米大リーグ機構(MLB)のロブ・マンフレッド・コミッショナーは11日、マーリンズが交渉中の球団売却先は三つの候補で、同程度の買収額を提示していると明らかにした。米メディアは、元ヤンキース主将のデレク・ジーター氏、共和党の元大統領候補が父のタグ・ロムニー氏、マイアミが拠点の実業家ジョージ・マス氏の3グループを挙げている。ジーター氏のグループにはプロバスケットボールNBAの元スター選手、マイケル・ジョーダン氏が加わると同日、スポーツ専門局のESPN(電子版)が報じた。

 また今季、メジャーの公式球が以前より飛んでいるのではないかとの疑念は「ここ数年、これまで以上に(球の)テストをしており、規定の範囲内であるということは確実に言える」と否定した。(共同)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年7月12日のニュース