47年ぶり…ヤクルト 2度目の10連敗で前半戦終了 

[ 2017年7月12日 22:34 ]

セ・リーグ   ヤクルト3―8巨人 ( 2017年7月12日    東京D )

ベンチのヤクルト・真中監督
Photo By スポニチ

 ヤクルトが今季2度目の10連敗で前半戦を終えた。

 1シーズンで2度の10連敗は、球団では70年以来3度目。真中監督は「投打に圧倒されたという感じ」と振り返った。

 借金は24まで膨れた。5位・中日とも8・5ゲーム差がある。現在も川端、畠山、秋吉らが2軍でリハビリを続けるなど、相次ぐ主力の負傷離脱で、現場を預かる首脳陣は苦しいやりくりを強いられている。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年7月12日のニュース