日本航空・石田誓いの5打点 履正社の双子兄と聖地で再会へ

[ 2017年7月12日 05:30 ]

第99回全国高校野球選手権山梨大会2回戦   日本航空25―0峡南 ( 2017年7月11日    山日YBS )

試合後、ガッツポーズする日本航空石田
Photo By スポニチ

 山梨・日本航空の背番号9には決意がある。石田伸史は「目標は甲子園で兄と戦い、倒すこと」と力強く言った。双子の兄・龍史は大阪の履正社に通う。今春センバツ準優勝チームで1番を打っていた。

 中学までは京都木津川リトルシニアで一緒にプレー。今は試合前に「頑張れよ」とLINEでメッセージを送り合う。初回に満塁の走者を一掃する適時二塁打を放つと、3回にも適時二塁打。「2打席とも積極的にいけた」。計5打点で、兄より一足早く地方大会のヒーローとなった。

 「兄にはパワーがあるけど自分にはない。違うところで差をつけるためにミート力をアップさせてきた」

 遠く離れていても消えないライバル意識。夢の実現へ一歩ずつ進む。 (根本 和哉)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年7月12日のニュース