【西東京】都南平 逆転勝ち 3回戦は早実と激突「自分たちの野球を」

[ 2017年7月12日 15:14 ]

第99回全国高校野球選手権西東京大会2回戦   都南平3―2駒場学園 ( 2017年7月12日    八王子 )

<都南平・駒場学園>8回無死一、三塁、逆転2点二塁打を放ちガッツポーズする都南平・内田(左)
Photo By スポニチ

 都南平が駒場学園に逆転勝ちし、15日の3回戦で清宮擁する早実と対戦することになった。

 1―2の8回無死一、三塁、背番号17の6番・内田が外角高めに浮いた直球を捉え、右翼線へ決勝の2点二塁打。試合をひっくり返した2年生は「打てる気しかしなかった。打った瞬間にガッツポーズが出ました」と満面の笑み。早実との3回戦に向けては「ガタイが小さくても、南平は怖いという印象を与えたい。自分たちの野球を見せつけたいです」と意気込んだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年7月12日のニュース