【長野】松本第一 最速145キロ右腕 初戦で敗退「プロから誘いがあれば行ってみたい気持ちも」

[ 2017年7月12日 15:59 ]

第99回全国高校野球選手権長野大会2回戦   松本第一1―2長野商 ( 2017年7月12日    県営上田 )

9回2失点と力投したものの、初戦敗退に終わった松本第一・川船
Photo By スポニチ

 松本第一のプロ注目投手・川船龍星(3年)が初戦で散った。

 9回2失点と力投したものの、打線の援護に恵まれず、長野商に1―2で敗戦。試合後は目を赤く腫らしながらも、「ピッチングの内容は悪くなかったし、みんなと楽しく野球がやれたので悔いはありません」とすがすがしい表情を見せた。

 昨秋は130キロ程度だった直球がわずか8カ月あまりで最速145キロになるまで急成長した右腕は、「大学に進学するつもりだけど、プロから誘いがあれば行ってみたい気持ちもある」と今後の進路に含みを持たせた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2017年7月12日のニュース