東京Dで九州豪雨の募金活動 佐賀出身の長野「少しでも力に」

[ 2017年7月12日 05:30 ]

セ・リーグ   巨人2―0ヤクルト ( 2017年7月11日    東京D )

試合前、九州北部の豪雨災害復旧支援募金を行った(左から)長野、石川、村田、山中、陽
Photo By スポニチ

 巨人・長野、村田、陽岱鋼(ヨウダイカン)と、ヤクルト・石川、山中が九州北部豪雨災害の被災地支援の募金活動に参加。試合前、東京ドーム内で約10分間、募金を呼びかけた。

 佐賀県出身の長野は「少しでも力になることがあれば、協力させていただきたい」。熊本県出身の山中も「大変な状況と聞いている」と思いやった。募金は12日も行われる。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年7月12日のニュース