オリ、佑ちゃんKOで3連勝 ロメロ2戦連発&駿太4打点

[ 2017年7月12日 05:30 ]

パ・リーグ   オリックス8―1日本ハム ( 2017年7月11日    京セラD )

試合終了で外野手(右から)駿太、小田、武田はヒップタッチ
Photo By スポニチ

 オリックスは3戦連続となる2桁13安打8得点で3連勝を飾った。まずは4番・ロメロだ。初回、斎藤のフォークを左前に先制打を運ぶと、4回も2試合連続の16号ソロ。「(決勝打は)低めのフォークをうまく拾えた。走者を還せて良かったよ」と笑顔。

 1番・駿太は2本の2点三塁打を含む3安打、自己最多タイ4打点をマーク。福良監督は「駿太が引っ張ってくれたし、真ん中(ロメロ)が還してくれるからね」と称えた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年7月12日のニュース