オコエ背番号「9」トリプルスリーの「3+3+3」

[ 2015年11月20日 05:30 ]

仮契約を終えた楽天1位・オコエ瑠偉は自ら書いた背番号「9」の色紙とフォトセッション。右は後関担当スカウト

 楽天からドラフト1位指名されたオコエ(関東第一)が都内ホテルで入団交渉を行い、契約金8000万円、年俸1200万円で合意した。背番号は9。狙っていた番号で「9番はトリプルスリーの3+3+3なので意識した部分はある。スカウトさんとも話をして、空いている番号なので希望は伝えた」と喜んだ。

 50メートル5秒96、遠投120メートルと抜群の身体能力を誇るオコエのプロでの目標は「トリプルスリー」。偉業達成を目指すには最適な数字だ。9番で真っ先に思い浮かぶ選手も今季トリプルスリーを記録した「(ソフトバンクの)柳田選手です」と即答した。チームにも「先輩」がいる。松井稼は西武時代の02年に偉業を達成。西武のファンクラブジュニア会員だったオコエは西武ドームに度々、足を運んでいたという。1軍スタートが内定している春季キャンプでは「メジャーも経験している。積極的にアドバイスを聞きたい」と目を輝かせた。(徳原 麗奈)

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2015年11月20日のニュース