メジャースカウト陣が大谷高評価「いつ来るんだ?20勝簡単」

[ 2015年11月20日 05:30 ]

<日本・韓国>スタンドで観戦する斎藤隆氏

プレミア12準決勝 日本3―4韓国

(11月19日 東京D)
 ネット裏ではメジャーのスカウト陣も侍ジャパン・大谷の投球に熱視線を送った。パドレスはローガン・ホワイトGM付シニアアドバイザー、ジョシュ・ステインGM補佐、さらにパ軍のフロントに1年間の留学が決まった前楽天の斎藤隆氏らが詰め掛けた。メジャーでも敏腕スカウトとして知られるホワイト氏は具体的な言及こそ避けたが、「彼がどれだけ凄いかは、君たちが一番よく分かっているだろう」とニヤリと笑った。

 同氏はかつてドジャースに在籍し、花巻東時代の大谷を視察するために何度も日本に足を運んだ。高校から直接、メジャー挑戦を夢見ていた大谷に対し、12年9月には面談を行い「世界でもトッププレーヤーだと思っている。ぜひ来てほしい」と獲得を熱望した経緯がある。「高校まで会いに行ったのは確かだね」と3年前を回想した同氏の目に大谷の3年間の成長はどう映ったのか。

 かつて広島でもプレーしたロイヤルズのルイス・メディーナGM補佐は「世界最高の投手の一人。いつメジャーに来るんだ?20勝は簡単だろう」と賛辞。このほか、レッドソックス、カブス、ナショナルズなども視察に訪れた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年11月20日のニュース