ハム・森本、同期入団の大谷奮闘が刺激に 来季は野球漬け覚悟

[ 2015年11月20日 11:39 ]

現状維持で更改した森本

 日本ハム・森本が20日、千葉・鎌ヶ谷で来季の契約更改交渉を行い、現状維持の年俸510万円でサインした。

 2013年ドラフト2位で、大谷とは同期生だが、これまでの3年間は1軍出場なし。「今年も結果を残せなくて、悔しい気持ち」と振り返った。

 19日夜は東京ドームを訪問。「野球の勉強をしようと思った」と、「プレミア12」の日本代表VS韓国代表をプライベートで観戦した。スタンドから同期入団の大谷が奮闘する投球を目の当たりにし、「あれは同級生ではないですね。ちょっと違いすぎる」と現時点での差を痛感。それでも刺激は受けた様子で「普段はよく話もする。野球の話ばかりで、女の子の話は一切しません」と来季は大谷流で野球漬けの日々を送る覚悟だ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年11月20日のニュース