救援陣火消し失敗…松井裕「これが今の実力」増井も「厳しくいけなかった」

[ 2015年11月20日 00:13 ]

<日本・韓国>9回無死満塁、李大浩に左前2点適時打を打たれ逆転を許す増井
Photo By スポニチ

プレミア12準決勝 日本3―4韓国

(11月19日 東京D)
 9回途中のピンチでマウンドに上がった松井裕(楽天)と増井(日本ハム)は、ともに韓国打線の勢いを止められなかった。

 松井裕は3―1となった無死満塁の場面で登板した。だが、制球が定まらず押し出し四球を与えて降板。「これが今の実力」と下を向いた。代わった増井は続く李大浩(ソフトバンク)に2点適時打を浴びて逆転を許し「カウントが悪くなり、厳しくいけなかった」と悔いた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年11月20日のニュース