ハム岸里が現状維持で更改、高校先輩の大谷から極意学ぶ!

[ 2015年11月20日 10:56 ]

大谷先輩から打撃の極意を学ぼうと意気込む日本ハム・岸里

 日本ハム・岸里が20日、千葉・鎌ヶ谷で来季の契約更改を行い、現状維持の年俸460万円でサインした。

 花巻東の2年目で俊足、好打の外野手で、高卒ルーキーだった昨季にはシーズン終盤に1軍昇格して2安打をマークし、飛躍を期待されていた。しかし、今春の沖縄キャンプ中で左太腿を肉離れしたことがシーズン中も影響し、2軍生活を送ったまま最後まで1軍昇格できなかった。

 3年目の来季は「1軍で50試合出場」を目標に掲げる。高校の先輩でもある大谷は侍ジャパンでも活躍しているが、「普段はたわいもない話ばかりしている。打撃の話を聞きたい」と二刀流の先輩から1軍で活躍する極意を学ぼうとしていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年11月20日のニュース