平田、3位決定戦見据える「最後まで日の丸に恥じないプレーを」

[ 2015年11月20日 00:27 ]

プレミア12準決勝 日本3―4韓国

(11月19日 東京D)
 中日の平田が先制打を放った。ロッテに所属するイ・デウンを攻めて得た4回1死一、三塁で変化球を確実に左前へはじき返した。八回にも左前へ運び「やれることはやった」と敗戦を受け止めながら、言葉を絞り出した。

 好調な打撃と安定した守備でラッキーボーイ的な存在となっている。優勝への道は絶たれたが「きょうで終わりではない。最後まで日の丸に恥じないプレーをしたい」と3位決定戦を見据えた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年11月20日のニュース