中日久々大物助っ人獲り メジャー通算66発キューバの大砲

[ 2015年11月20日 13:03 ]

 中日が来季の4番候補として、ホワイトソックスからFAとなったダヤン・ビシエド外野手(26)の獲得に動いていることが19日、分かった。

 キューバ出身の右の大砲で、メジャー5年間で通算成績は打率・254、66本塁打、211打点。今季は3A(2球団でプレー)にとどまったが、12年には自己最多の25本塁打を放っている。現在、国際渉外担当を兼務する森ヘッドコーチがドミニカ共和国などで新外国人を調査中。西山和夫球団代表は「森ヘッドが米国で話をしてきた。今、交渉の詰めをやっている」と明かした。本職は外野手ながら、ルナが抜ける一塁手での起用となりそう。近年は「格安助っ人」が多かったが、久々の大物となる。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年11月20日のニュース