山田 逆転直後の9回に三振「野球は何があるか分からないと…」

[ 2015年11月20日 05:30 ]

<日本・韓国>2回1死一塁、ミン・ビョンホンの打球をキャッチした山田(左)は李大浩にタッチして併殺に仕留める

プレミア12準決勝 日本3―4韓国

(11月19日 東京D)
 侍ジャパンの山田は3四死球で3度出塁したが、無安打に終わった。逆転された直後の9回には先頭で空振り三振に倒れ「野球は何があるか分からないと、あらためて思った」と肩を落とした。

 3番打者として全試合に出場したが「日本の代表として凄い責任感を感じながらプレーしていた。今までと違う雰囲気だった」と悔やんだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年11月20日のニュース