大リーグ 来季の開幕戦3試合に いきなりWシリーズの再現も

[ 2015年11月20日 11:01 ]

ブルージェイズとの開幕戦のマウンドへ向かうヤンキースの田中

 米大リーグのコミッショナー、ロブ・マンフレッド氏(57)は19日、来季の開幕戦を2試合追加し、3試合で行うことを発表した。

 9月の発表時には、開幕戦は1試合の予定だったが、デーゲームのカージナルス―パイレーツ、ブルージェイズ―レイズ、さらにナイトゲームでは今季のワールドシリーズの再戦となるメッツ―ロイヤルズがセットされ(右がホームチーム)、計3試合で行われることになった。

 他球団の開幕戦は4月4日からで、田中将大投手が所属するヤンキースは地元ニューヨークにアストロズを迎え、上原浩治、田沢純一両投手のレッドソックスは敵地でインディアンスと対戦する。レギュラーシーズン最終戦は10月2日。また、オールスター戦はパドレスの本拠地サンディエゴで7月12日に開催される。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年11月20日のニュース