マーリンズ 右腕フェルナンデスに手を焼きトレードか「まるで子ども」

[ 2015年11月20日 09:34 ]

マーリンズのホセ・フェルナンデス投手 (AP)
Photo By スポニチ

 FOXスポーツなど米国の複数メディアは19日、マーリンズの先発右腕ホセ・フェルナンデス投手(23)にトレードの噂が浮上していることを報じた。

 フェルナンデスは今季、昨年受けた右肘じん帯再建手術から7月に復帰。11試合に登板して6勝1敗、防御率2・92と好成績を残したが、チームはそのわがままな振る舞いに手を焼いているようだ。

 地元マイアミのラジオ局は、複数のチームメートが今季シーズン中の「まるで子ども」と振り返るフェルナンデスの言動を紹介。マーリンズでは打撃練習や試合中のフード着用を禁止しているが、フェルナンデスはそのルールを無視。また、元楽天のマギーとは遅刻した際に注意を受け、口論にまで発展したそうだ。さらに、登板を拒否することもあり、マイク・ヒル編成部門社長にはあからさまに「俺をいつトレードに出すんだ?」と尋ねていたという。

 これだけやりたい放題のフェルナンデスだが、メジャーリーグの公式サイトにマーリンズの記事を寄稿している記者のツイッターには「噂は消えないだろうが、内部事情を知る人間と話をしてみると、みな口をそろえてフェルナンデスのトレードはないと語る」とのリポートがあり、今後の動向に注目が集まる。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年11月20日のニュース