巨人・原監督「一戦必勝」強調 2日はマイコラスがスライド登板

[ 2015年10月1日 18:49 ]

 逆転優勝の可能性を残す巨人はグラウンドや室内練習場で体を動かした。残り3試合で1敗も許されない状況は変わらず、原監督は「とにかく変わらず一戦必勝ということ」と自分たちの試合に集中する構えだ。2日のDeNA戦にはこの日先発予定だったマイコラスがスライド登板する。

 右肘痛で離脱していた村田が復帰し、打撃練習などに取り組んだ。「僕らは僕らの試合をするだけ。(残り)三つ負けないように」と引き締まった表情だった。

 先発出場が続いている新人の岡本は原監督から約45分間、個別で打撃指導を受けた。体が早く開く癖があり「矯正する打ち方を教えてもらった。今からやって自分のものにしたい」と刺激を受けた様子だった。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2015年10月1日のニュース