西武・秋山 逆方向への安打数倍増「突然変異」フォーム変更実る

[ 2015年10月1日 07:15 ]

<オ・西>8回、シーズン最多安打記録に並ぶ214本目の安打となる適時二塁打を放つ秋山

パ・リーグ 西武16-5オリックス

(9月30日 京セラD)
 西武の秋山翔吾外野手(27)が30日、オリックス戦でプロ初となる5安打の固め打ちでシーズン214安打とし、2010年に阪神のマートンが樹立した214安打のプロ野球記録に並んだ。初回の左翼線二塁打でイチロー(マーリンズ)がオリックス時代の1994年にマークしたパ・リーグ記録の210安打に並び、8回の右翼線適時二塁打で一気に頂点まで上り詰めた。日本選手、左打者では歴代最多記録。今季最終戦となる1日のオリックス戦で記録更新に挑む。

 今季から打撃フォームを劇的に変えた。上段から「点」で打っていたが、トップの位置を下げることで「線」で球を捉えることができるようになった。インパクトまでの距離が近くなり、ボールを呼び込んで打てる。逆方向への安打数は、昨季の36本から73本に。自身も「突然変異」と話すほど急増した。

 142試合を終え、チームで唯一のフルイニング出場。イチローが人一倍念入りな体のケアを行うのは有名だが、秋山も意識を変えた。どんなに疲れていても湯船に漬かる。毎日続けることで水中でしか分からない体の細かい異変を察知し、重点的なケアができる。試合のない休養日に、思い切って体を休めることも始めた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年10月1日のニュース