中日・山本昌、7日広島戦ラスト登板「あと少し楽しめる」

[ 2015年10月1日 17:59 ]

 プロ野球の最年長勝利記録を持ち、9月30日に今季限りでの現役引退を正式に表明した中日の山本昌投手が1日、マツダスタジアムの室内で練習後、取材に応じ「7日(の広島戦)に投げることになった。一人だと思うけど、あと少し楽しめる」と笑みを浮かべた。

 ことし8月に負傷した左手人さし指の状態は万全ではなく、降雨中止となったこの日は約40メートルの距離で軽めのキャッチボールをした。現役最後となることが濃厚な登板へ向けて、左腕は「全力で投げられるようになるかは分からないけど、1球でもいいから完了して終わりたい」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年10月1日のニュース